11月のラグフェスから約半年ぶりに、参加して参りましたラグフェス41!
一般参加も含めれば都産祭も3回目と言うことで、割と余裕をもって会場に辿り着く事ができました。

都産祭が今年で最後と言う事で、ROのイベントに初めて一般参加したのが都産祭だった身としては寂しい限りです。
2年前のあの日、「うおおチェンエミュ本欲しい!絶対欲しい!」と勢いだけで単身特攻した自分がいたからこそ今の自分があると思っているので、個人的にはとても思い入れの深い場所なんですね。
そんな思い出の場所にもう赴けなくなると思うと……ああ、せっかく駅からの道も覚えたというのに!

イベント参加も5回目となると、緊張でガクガクブルブルする事も少なくなりました!
相変わらず話すのが苦手で反応薄くなってしまって申し訳ないのですが、スペースに足を運んで下さった上に「楽しみにしていました!」と言って頂けて、本当は物凄く嬉しいのです。天にも登る勢いです…!
その一言で次も頑張れますヾ(*'∀`*)ノ いつもありがとうございます!

今回はお誘いを頂いて、初めて大人数でのアフターに参加させて頂きました。
大人数での飲み会とか久しぶり過ぎてとても懐かしい感じがしました!
普通に活動していたら決してお知り合いになれなかったであろう方々のお話を聞く事ができて、とても充実した時間を過ごす事が出来ました。どうもありがとうございました!

その後も新幹線の時間までお茶して頂いたりして、存分にヲタ充する事が出来ました。
時間はいくらあっても足りなくて、もっとたくさんお話聞きたかったなと名残惜しい思いのままでの帰還……
次回また機会があれば、ゆっくりお話したいです。


さて、せっかくなので新刊についてのお話も少し。
女性向→一般向と書いてきたので、今回は女性向のお話にしてみました。
「NLやほのぼの好き!書きたい!」って時期と「うおおエミュールくん泣かせたい!」って時期が割と交互に来るので、本も交互に書かせて頂いている感じです。
ちなみに私はそれを菩薩期と下衆期と呼んでいます。どうでもいいですね!

元々、馴れ初め本の後日談については深く考えておりませんでした。
単純に致す事を目的としていたので、ちょっとした衝突+本番みたいな感じで薄めの本になるかなと思っていたんです。
なのでプロットも12月から作り始めて、毎日ちまちま書き進めて、余裕を持って入稿……なんて思っていたのに、「どうせならアレも書こう」「これも盛り込もう」と膨らんでしまって、結果的にどえらい量になってしまいました。
そのせいで立てていた計画の日程では終わらず、文庫本三冊目にして初の修羅場らしい修羅場を迎える事となりました。
全て終わった今、良い思い出に\(^o^)/

私の書くエミュールくんは生意気というか、性格がかなり捻くれているので、その背景となる部分も書こう。
長くなった主な原因はこれですね!
テーマとしては結構大袈裟なものだったと思うので、別の機会にしようかとも思ったのですが。
これが書きたかった!どうしても書きたかったんです!
単品で書くには暗い結末になってしまいそうなエピソードだったので、今回一緒に織り込む事と相成りました。
あとはお手に取って下さった方が楽しんで読んで頂ける事を祈るのみです!


次回はまた11月頃にラグフェスが開催されれば、それに参加したいなと考えております。
前回と今回で結構ガチな量の話を書いてしまったので、次は短編で息抜きをしたいところ……!
幼少期のセリアちゃん主人公でエミュ+チェンなドタバタ物語を書きたいと画策中です。
エミュセリチェン幼少期は一人ずつスポットを当ててお話を書きたいなと思っておりまして。
前回チェンさんだったので、次はセリアちゃん!
変わり者のお転婆少女が野郎二人を振り回す、そんなお話にしたいです。


ここまでお読み頂きましてどうもありがとうございました!
また次回、お会いできれば光栄です。

RAG-FES43お疲れ様でした!

RAG-FES39お疲れ様でした!